「”変わること、別人になること”のワークショップ」を作る

2021年10月30日 土曜日 19時から

会場: 黒板とキッチン
参加費: 500円

FBページ: https://www.facebook.com/events/208013988069434/

今回、社会実験室 踊り場では、「変わること/別人になること」について考え、そして参加者の方と一緒に、実際に変わる/別人になりたいと思います。そのためのワークショップ(のようなもの)を皆様と一緒に作ります。

日常たまに出会う ー 職場や社交の場で ー どうにかして、自分との会話を敬語からタメ口に変えようとして、何度も試みているが失敗し、そのたびに敬語に戻る人。彼はなぜ失敗してしまうのか。なぜ、彼は「変わる/変える」ことができないのか。
もしくは、いつも落ち込み、「こんなんじゃダメだ!」と呟いている人。しかし、彼女はまた同じ誤ちを犯し、同じ場所で同じ台詞を呟くことになる。なぜ彼女は、「変わる/変える」ことができないのか。
それに対し、久しぶりに会った同級生が、まったくの別人になっている、変わり果てている、見違えるように立派になっている、ということもあるだろう。

これは(もちろん)自己啓発ではない。自分自身を上手く社会に適応させようとすることでもない。それらの言う変身はいずれも、自分自身の外側に目的を置き、それに向かうことで自己を疎外しようとすることだ。

「変わる/変える」とは何なのか。ヒーローとは、何かを変える力を持っている人のことであり、それはそれに先んじて/同時に、変わることのできる人である。だから、ヒーローはいつも「変身」をするのだ。

わたしたちはなぜ変われないのか?わたしたちはなぜ変わってしまうのか?そのような問いに対して、哲学が答える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。